2020年5月29日金曜日

2020.5.29 蔦七沼巡り 森林浴とノルディックウォーク

 快晴でした。
 最高のコンディションの下、本日蔦沼の周遊ウォーキングコースを歩いてきました。
 今日は、クラブのメンバーに加え、五所川原からも三名の参加者が。
 以下、撮った画像を中心にレポートさせていただきます。
 駐車場で集合したときから野鳥の声に混じって蝉の鳴き声も聞かれたところ。
 セミの鳴き声に似ていると思ったら、この時期から初夏にかけて鳴くという「エゾハルゼミ」。
 体長五センチ程度とのことですが、鳴き声が大きい。
 市内では聞いたことがありませんので、この時期ここ蔦沼周辺限定ということでしょう。

 我々の他にも、十和田市内から散策に見えている方、そして宿泊者たちなのでしょう他県ナンバーの車もチラホラと見受けられたところです。

 

 こちら、まず周遊する前に大町桂月先生の墓前にて。
 横にして撮ったのと、縦にして撮ったものと甲乙付け難かったので、両方アップ。
 縦のほうが新緑の緑をご理解いただけるかと。



  
 大町桂月先生の墓前。

 沼めぐりはここからスタート。
 余材庵近くの瓢箪沼から。
 瓢箪沼だけでなく、各所の沼とも今年の暖冬による降雪が少なかったのが響いてか、水量がとても少なく感じました。

 瓢箪沼近くの大木。
 中は空洞。
 決してこの穴から生まれてきたわけではありません。(*^^*)
 恥ずかしいからアップしないでとのことでしたが、こうしてしっかりアップさせていただいております。(笑)

 次は菅沼。
 会長の話を聞きつつ沼を見ている様子。


 顔だけこちらをという要望に答えていただきました。(*^^*)

 長沼から見える赤倉岳です。
 手前の木が邪魔。(笑)


  長沼でも一枚。


 途中、月沼、鏡沼を経て蔦沼に到着。
 沼の水の青、そして新緑の緑、雲ひとつない空の青、そして赤倉岳に残る残雪の白。
 すべてが、調和の取れた画像です。


 蔦沼デッキにて集合写真。
 赤倉岳が写り込んでいるのも含め、三種。
 これもすべてアップ。




 最後に赤倉岳を望むの図。
 木々の緑が蔦沼を囲むように生育しているのですが、まるで沼からこの赤倉岳が見えるようにという配慮のごとくここだけ赤倉岳の姿を拝むことができます。
 蔦沼はいつ来てもいいですね。

 今年は、コロナの影響で自粛ばかり。
 色々計画していた行事も定例ウォーク以外すべて取りやめという事態でありましたが、蔦にはこうして来ることができました。

 月一回程度こうしたイベントで歩く機会を設けています。
 十和田湖も奥入瀬渓流も歩くのが楽しみです。

2020年5月11日月曜日

2020.5.11 月曜ウォーク再開 (#⌒∇⌒#)ゞ

 自粛下において、外を歩くにしても憚られる日々でありました。
 それらを吹き飛ばしてくれるような快晴が広がった今日の月曜日。

 再開日がなかなか周知されていなかったこともあってか、参加者はいつもの半分程度となりましたが、4月末に開催していたはずの桜ウォークのコースを半分程度歩きました。

 クラブとして、稲生川沿いのウォーキングコースを歩くのは、約半年ぶりになりましょうか。
 桜の花の時期はとうに終わってしまいましたが、遅咲きの八重桜が所々に咲くのを眺めつつ、快晴の下、稲生川沿いのコースを歩きました。

 今日は久方ぶりの再開となりましたので、スピードよりも歩幅を意識して歩くことに主眼を置いての歩きとしました。
 歩幅が広がると臀部から太もも裏のハムストリングスや体の前面のおなか(へそのあたりをイメージ)から太ももにかけての腸腰筋といった筋肉をしっかり使います。

 屋内でも、これらの筋トレメニューはありますが、なかなか一人ではやらないし、それほど楽しいものでもありません。(((^^;)

 でも、みんなと一緒に、そして快晴の空の下で歩くとなれば、やる気倍増。
 何故かとても楽しい。(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)

 一時間ちょっと、しっかりと歩きました。
 道中、チェーンソーアートのフクロウの木を囲んで参加者で一枚。
 はじめに撮った一枚はマスク姿でしたが、もう一枚は、マスクを外しての一枚に。
 全員マスクというのもなかなかにシュールなので、記念に載っけておきます。

 


 さて、最後となりますが、告知事項を。
 今年度スケジュールとして予定しておりました、以下の2つにつきましては、バスを使用した行程となり、「三密」の状態を招く恐れありとの観点から、今年度は中止とさせていただくこととしました。
 お楽しみにされていた皆さん、今年は我慢、です。

 その分、今月末に予定されている蔦七沼周遊ウォークイベント「森林浴とノルディックウォーク(2時間)」をはじめとする毎月一回程度予定されている「イベント」は、バスを使わない近場で歩くこととなりますが、そこは自然がたっぷりとある十和田市ですから。

 普段は車でスーッと通り過ぎてしまうところでも、歩くことで意識しなかった景色を堪能しつつ歩きましょう。

 ちなみに、私は、去年の五月末に蔦沼周辺を一人散策しましたが、新緑の下、野鳥の鳴き声がシャワーのように頭上から降り注ぐという、異次元にいるような幸せなウォーク体験をしました。
 是非、皆さんのご参加を (#⌒∇⌒#)ゞ。

 中止イベント。
 6/4(木) 階上町聖火リレーコースを歩こう7㌔
 10/11(日) 阿闍羅山一周ウォークIn大鰐 10㌔


 さあ、水曜日も予報では好天の報。
 晴れた五月の快晴の気持ちのいい朝。
 みんなで歩きましょう。
 
 

2020年度 ノルディックウォークスケジュール表

2020年度 ノルディックウォーク・スケジュール表

 スケジュールの変更があり次第、当ブログにて告知させていただく外、4月から11月の間、毎週開催する月曜ウォーク、水曜ウォークの場にてお伝えいたします。